神社結婚式の情報はこのサイトをチェック

20代から30代の若いカップルの間で、今は神社婚が大変な人気を集めています。
以前はチャペルで執り行う教会結婚が主流でしたが、紋付き袴や日本髪で実施するスタイルがクールだと思われているわけです。
そこでここでは、神社で実施をするときに絶対に成功させる秘訣と、ポイントについて詳しくレクチャーをしていきます。
これから愛する方と神様の前で誓いを立てたいという方は、この情報を押さえておくと必ず成功させられます。

神社での結婚式「神社婚」を絶対に成功させる!秘訣ポイントを紹介!

神社での結婚式「神社婚」を絶対に成功させる!秘訣ポイントを紹介! 神社婚のポイントは、厳かな空気のなかで誓いを立てられる点です。
神社は全国各地にたくさんありますが、結婚式に対応しているところは観光スポットになっているところが多くなっています。
数少ない参列者しかおらず、もっと盛大にお祝いをして欲しいという場合は、著名な神社で神社婚を執り行いましょう。
観光客が間近で見ている中で結婚式を挙げられるので、盛大な拍手をいただけるチャンスもあります。
たくさんの方に祝福をされたら、生涯いい思い出となるものです。
神社婚の醍醐味は不特定多数が見守るなかで実施ができることなので、新郎新婦はもちろんのことその親族も他人の祝福を受け止めるようにしておくことが幸せを感じる秘訣になります。

神社婚が多くのカップルに選ばれる魅力とは

神社婚が多くのカップルに選ばれる魅力とは 結婚式といえば教会で行う方法をイメージする方は多いですが、最近では若い方を中心に神社婚を選ぶというカップルが増えてきています。
神社婚は別名神前式と呼ばれており、伝統的な日本の挙式スタイルを体験することが出来ることや、和装が楽しめること、新郎に活躍の場があるといったメリットが挙げられます。
その中でも特に魅力的だといわれているのが、伝統的な日本の挙式スタイルが体験出来るという点であり、古くは室町時代に遡る伝統的な挙式スタイルは緊張感と厳かな雰囲気が魅力であり、両親や年配の親族の方にも受け入れやすいことも特徴の一つです。
また結婚式といえばドレスが定番ですが、花嫁の白無垢や内掛をはじめ、花婿の袴姿など日本伝統の和装を楽しむことが出来る点も魅力の一つです。
単純に和装を楽しむだけではなくて、神社という場では一層和装が映えて新郎新婦を美しく着飾ることが出来るとして選ばれています。
そして結婚式といえば新婦が主役というイメージが非常に強い傾向にありますが、神社婚の場合一般的に誓詞奏上と呼ばれる儀式が行われます。
この儀式では新郎が神前において結婚の誓いを神様に述べるスタイルがあるので、新郎の頼もしい姿を見たいという方や新郎に活躍して欲しいという場合にも特におすすめします。
そして比較的少人数で執り行われるスタイルなので、両親は新郎新婦のすぐ後ろで二人を見守ってくれ厳粛な雰囲気の中でも、アットホームな雰囲気があるのは教会で行う結婚式とは違う特徴と言えます。

神社婚はどのような流れで執り行われるのか

神社での結婚式に参列をしたことがないため、一体どのようにおこなわれるのか分からないという人は多いのではないでしょうか。
神社の神殿で結婚式をおこなう神社婚の流れは、それぞれの神社によって異なることがありますがここでは一般的なものをご紹介します。
神社婚では、まず参進の儀と呼ばれる花嫁行列で本殿に向かいます。
それから神殿に新郎新婦親族が入場し、神職が参列者をはらい清めるのが一般的です。
そして祝詞奏上や三々九度の盃をおこな、新郎新婦による誓詞奏上が執り行われます。
さらに参列者が神への捧げものである玉串拝礼をおこな、巫女によって神楽の奉納をする流れです。
雅楽の音色を聴きながら、巫女の舞を見ることができ良い記念になるでしょう。
その後は参列者が揃ってお神酒を飲み干す儀式をおこない、神職による挨拶、そして退場となることが多いです。
また神社婚でも、式のどこかのタイミングで指輪の交換をするのが一般的となっています。

神社婚で挙式をする新郎新婦は必ず和装を着る?

神社の神殿でおこなわれている美しく日本らしい雰囲気漂う神社婚をするのであれば、新郎新婦は必ず和装を着用しなくてはならないのかという疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。
和風の婚礼衣装を着ると良い記念になるのでお勧めですが、何らかの理由で着られない・着たくないという人もいるかも知れません。
確かに神社婚では新郎は袴、新婦は色打掛や白無垢などの和風の婚礼衣装を着ることが多いです。
しかしながら実際のところは、必ずしも和装でなくてはならないというわけではないです。
神社婚の会場となる場所によっては、洋風のドレスや平服であっても結婚式をすることができるようになっています。
平服の神社婚の場合には男性はスーツ、女性はスーツやワンピースなどで結婚の儀式を執り行うことがあります。
とはいえ和風の婚礼衣装以外のスタイルで挙式を希望する場合には、申し込みをする前に可能であるかどうか確認しておくのがおすすめです。

新郎新婦やゲストが快適に神社婚ができる時期とは

神社の神殿でおこなう日本伝統の神社婚をするのなら、いつの時期を選べば良いかという疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。
大切な人生の節目である結婚のイベントをおこなうのなら、納得の結婚式ができるシーズンを選びたいものです。
そのような場合に神社婚をするのなら、春や秋といった気候の良い季節を選ぶのがおすすめです。
春や秋は比較的天気が良いことが多く、気温もほど良いので暑すぎたり寒すぎたりすることが少ないというメリットがあります。
新郎新婦はもちろん、参列者の方々にとっても負担が少なく快適神社婚を執り行うことができると期待出来ます。
反対に梅雨や気温が高まる盛夏、それに冷え込む真冬にはほとんど屋外のような環境でおこなわれる神社での挙式には注意が必要となる可能性もあるでしょう。
とはいえこれらの時期は予約がスムーズに取りやすいというメリットもあるので、注意点とメリットを考慮した上で選択するのも良いかも知れません。

大切な友人を自分たちの神社婚に招待することは可能?

一生に一度の結婚式には神社婚をしたいけれど、大切な友人にも来て欲しいという人もいるのではないでしょうか。
神社の神殿でおこなわれる結婚式は、基本的には新郎新婦と親族のみが参列できるようになっていることが多いです。
というのももともと神前式は、家と家との結びつきのための儀式だったからです。
そのようなことから、現代でも神社婚では家族や親族のみが参列するようになっていることが少なくありません。
さらに神社の神殿は、それほど多くの人を収容することができるスペースがないことも多いです。
そのため友人・知人などは参列することができないケースも多かったのです。
とはいえ最近では会場によっては、家族や親族だけでなく友達もゲストに呼ぶことが出来るところもあります。
特に収容人数が多い、広めのスペースがあるところなら友らも参列してもらえることがあります。
そうはいっても、親族が揃ってお神酒を飲み干す親族杯の儀には参加できないこともあるので注意が必要です。

神社婚ができる場所と選び方のポイントとは

花嫁行列や三々九度の盃など、趣ある儀式をおこなう日本伝統の結婚式である神社婚をするためにはどういった場所を利用すれば良いのかという疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。
神社婚はその名の通り、神社の神殿でおこなう結婚式で神前式と呼ばれることもあります。
各地にある神社ですることができるほか、神社の神殿が備わっている結婚式場やホテルなどでもすることが可能です。
各地にある神社で神社婚をしたい場合には、提携しているウェディングプロデュースサービスを利用して申し込みをしたり直接神社に申し込みをしたりして結婚式をすることになります。
挙式だけでなく披露宴もしたい場合や、衣装やメイクなども依頼したい場合には提携のウェディングサービスを利用すると便利なことが多いです。
神前式ができるホテルや専門式場は披露宴会場が同じ敷地にあり利用しやすくなっています。
移動の負担がかからない場所を選びたい場合におすすめです。

外国人カップルが神社婚をすることが増えた理由

リゾートウェディングというと、日本から海
外のリゾート地へ行き、結婚式を挙げることを指す場合が少なくありません。
しかし、実は外国人が日本へ訪れて結婚式を挙げることも増えてきています。
インバウンドの影響で、海外から訪れるカップルが神社婚をすることも増えてきました。
新型肺炎の影響で一時的に数字は落ちましたが、2022年には再び盛り上がりを見せています。
なぜ日本国内での結婚式が増えてきたのか、その理由はコストを抑えて挙式をしたいという人もいますが、それだけではありません。
海外出身のカップルの中には自分の国で挙式を挙げてきたのに、日本で再び神社婚を挙げているカップルも少なくないからです。
最も大きな理由の一つに、日本独自のエキゾチックな魅力を体験したいからというものが挙げられています。
日本文化は欧米諸国を中心に人気が高く、欧米にはない独自の文化の魅力に魅了される人は多いからです。
また、南米などを中心に自分の祖先の祖国で結婚式を挙げたというカップルも増えてきました。

ホテルウェディングではなく神社婚を選択!

結婚式とは一生に一度の晴れの舞台です。そのためどのような形式の結婚式にするか、女性は特に拘ります。
一般的にはホテルウエディングが主ですが、人と被らない個性が際立つ思い出深い結婚式にしたいと言う人も後を絶ちません。
この場合昔ながらの伝統的な結婚式を行ってみるのもおすすめです。
神社婚は、今のレトロブームも相まって若いカップルに再び注目を集めているのです。
神社婚では厳かで絢爛豪華な神社で挙式を上げられるのが魅力です。
そこでは参進の儀、三々九度に祝詞奏上、巫女の舞など普段では体験できない儀式を経験できるのも醍醐味です。
参列者にとっても貴重な体験ができます。
そして何よりも婚礼衣装が伝統美の十二単や白無垢、角隠しなどの袖を通せます。
絢爛豪華で、メイクや髪形も独特であり、平安絵巻やキツネの嫁入りの様な婚礼衣装を身に着けられるのが若い人を魅了するのです。
一般的はホテルでの結婚式よりも神社婚は安くつくのも良い点です。

和風の挙式にしたい場合は神社婚で白無垢がおすすめ

日本の古来の厳かな雰囲気で結婚式をあげたいと考えた時、神社婚を選択するカップルもいると思います。
春夏秋冬の四季に囲まれて神社で挙げる挙式はとても美しく尊いものです。
そして、神社婚をするときの気になる衣装に、白無垢を選択する花嫁さんも多いのではないでしょうか。
白無垢を着るのは結婚式の時だけなので、人生で一度きりと考えると、とても特別なものに感じます。
また昔ながらのオーソドックスな髪型のほかに、今は着物に洋風のヘアスタイルを合わせる場合もあり、好みに合わせてシックでモダンな雰囲気の神社婚になりそうです。
まだ男性が紋付の袴を着る機会もなかなかないので、二人ともお互いのあらたな一面がみられるのではないでしょうか。
提携先に気に入った衣装がない場合でも、今はインターネットでレンタルが可能なので、じっくりと衣装選びもできます。
常日頃から披露宴なども行っている神社なら、神社婚ならではの和風な演出を提案してくれるのも嬉しいところです。

神社婚とは皇室とゆかりがあると言われています

昨今日本はレトロブームであり、伝統や古い文化、昔のファッションに住まいなどが見直されています。
特に持続可能な社会を目指し、SDGSを掲げるほどに成って居るので、古いものを再利用しようという意識が高まっているのです。
結婚式に関してもお金をかける事ばかりが良いと言う価値観は消滅しました。
できるだけお金をかけず、伝統にのっとった形式で結婚式をしたい問う人も多いのです。
中でも神社婚も若い人に人気です。まさに昭和やそれ以前を感じさせる結婚式のスタイルであり、婚礼衣装が絢爛豪華でほかの人と被りません。
神社婚であれば白無垢や角隠しのほか、十二単で結婚式を行うこともできます。
なぜ十二単が身につけられるのかと言うと、神社婚とはは日本の皇室とゆかりがあり、皇室は必ず婚礼の際に十二単を着て神社婚を行うのです。
昔は皇族以外が十二単を着ることが許されませんでしたが、今で歯希望すればだれもがそれを身に着けることが出来ます。

神社婚は宗教宗派を問わない結婚式なのです

日本の宗教観と言うものは、実に特殊と言われています。
普段の生活では宗教の戒律などにのっとって生活はしません。
宗教的な儀式とは、人生の節目によく見られます。
子供が生まれた際のお宮参り、子供の成長を願う七五三、厄除けや子宝祈願に訪れたり、人が亡くなるとお寺で戒名をつけてもらい仏式で葬式を行います。
日本人の宗教は時には神道にある時は仏教にと、宗教を行ったり来たりします。
仏教や神道を信じていても結婚式はキリスト教式の結婚式を執り行うなど日常茶飯事です。
そのため神社婚を選択した場合も、その風の宗教宗派は問いません。
もっとも神道の人にふさわしい陣屋婚ですが、仏教徒でもほかの新興宗教であっても神社婚は問わず、執り行うことが出来るのです。
しかし神社婚では神道ならではの宗教儀式もたくさん見られます。
参進の儀や巫女の舞、祝詞奏上に三々九度などが主に行われるのです。
こうした宗教儀式を受け入れることが出来るか、よく考えて神社婚を選択しましょう。

そんなにあったの!神社婚を行うメリットとは

ホテルや教会で行う結婚式じゃなく、和の雰囲気が漂う神聖な神社で行う神社婚を考えているカップルも多いのではないでしょうか。
一般的なチャペルとは雰囲気が大きく異なりますが、神社婚にはどのようなメリットがあるのか、あまり分からないという方も少なくありません。
神社婚を行うメリットはまず「安い費用」です。一般的なチャペルでの結婚式は花などの装飾や会場代などこだわればこだわるほど挙式代の費用が高くなる傾向がありますが、神社婚の費用は一般的に25〜30万円が目安になっているため、挙式にかかる費用を大きく抑えることができ、浮いた費用を新婚旅行やその後の生活費として充てることができます。
次に世界遺産になっている「有名な神社でも挙式を挙げられること」です。
親しみのある地元の神社でも良いですが、世界的に有名な広島の「厳島神社」や奈良の「春日大社」などの歴史ある場所で式を挙げることができるため、一生に一度の結婚式をより思い出深いものにできることが魅力になります。

すてきな結婚式にしたい!そのために注意すべき神社婚のデメリットについて

伝統的な衣装に身を包み厳格な儀式にのっとった結婚の誓いを、由緒のある建造物にて立てる事ができる神社婚に、憧れを抱く女性は多い事でしょう。
花嫁行列である参進の儀や三三九度でお互いに杯を交わす三献の儀など、華やかな儀式が続く夢のような神社婚ではありますが、一方で注意しなければならないデメリットがあります。
まず注意すべきは、神社は、結婚式場やホテルのような結婚式に合せて建てられた建物でないという点です。
部屋の大きさはもちろん、廊下の幅や段差に注意を配る必要があります。スペースが狭くて参列は親族のみに限定する神社も多く、また車椅子が通れるようなバリアフリー仕様でない場合があります。
次は儀式についてですが、参列者がそろって起立や着席・礼などの所作があり、足腰の悪い高齢の方や幼い子どもにとっては厳しい環境です。
そのため、参列いただく出席者を熟考する必要があり、出席をお願いするのであれば、施設側に介助などが可能かどうかを確認する事をお勧めします。
次に挙げられる点は、神社と披露宴会場が離れているケースが多くあり、事前にスムーズな移動手段を確認する必要がある点です。
その他、挙式料の他に初穂料という神社におさめるお金がある点も覚えておきましょう。
出席者の皆様が気持ち良く式に参列できるように、新郎新婦は事前に十分に確認し、心配りや配慮を尽くして、ぜひ皆様の記憶に残る素晴らしい神社婚にしてください。

神社婚をする場合にありがちなトラブルとは

伝統に裏付けられた厳粛さのなかで一生に一度の結婚の誓いをしたいという場合には、神社婚がぴったりといえます。
しかし神社婚をする場合には、事前に確認をしておかないと思わぬトラブルになってしまうことがらがいくつかありますので要注意です。
たとえばそれぞれの神社では婚礼専門のホテルや料亭、写真店などと提携していることが多く、それ以外の利用が認められない場合があります。
婚儀は神社であっても、そこから移動して新郎新婦が独自に選んだホテルで披露宴をしたいという場合には、神社とホテルとの連携がうまくいかないことがあり得ます。
また衣装なども婚礼のパッケージのなかであらかじめ用意されている場合が多いものです。
もしも和装ではなく洋風のドレスで婚礼をしたいと思っても認められないことがあります。
衣装の持ち込みが認められる場合であっても、別途持ち込みのための料金が発生してトラブルになるケースが想定されますので、事前に契約内容をチェックしておきましょう。

神社婚はどの世代でも選ばれているその理由とは

日本の伝統的な挙式スタイルである神前式は、近年ではどの世代にも人気が高い挙式スタイルのひとつです。
神社婚の人気が高まっている背景には、年代によってもその理由は異なります。
20代・30代で神社婚を選ぶ理由としては、伝統的な結婚式を挙げてみたい、家族や親族を喜ばせたいという点が挙げられます。
年配の方にとっては、教会式よりも神社式の方が好まれる傾向があります。
そのため、ゲストに負担をかけたくないと考えている20代・30代の世代も多く、神社婚を選ぶというカップルもいます。
40代・50代のカップルが神社婚を選ぶ理由としては、落ち着いた雰囲気の結婚式を挙げたいという意見があります。
そのほかにも、40代・50代では和装を着たいという人も多いですし、費用を抑えるために神社式を選択するカップルもいます。
このように、年代によっても選ばれる理由は異なります。
自分たちの価値観やライフスタイルに合わせながら、最適な神社での挙式をおこなうことが大切です。

実は、歴史が浅い?神社婚の成り立ちと、その軌跡について

神社婚とは、神社や神殿で日本古来の神々に誓いを立てる婚儀であり、一般的には、主神である天照大御神の父神の伊邪那岐と母神の伊邪那美の二柱の前で執り行われる事が多い儀式です。
この二柱は、最初に性別を持ち結ばれて多くの神々をお生みになり、日本という国が始まったとされています。
その神話にあやかり、二柱の神々のように結ばれ命を生み育み、世代を紡いでいくという願いを込めて誓いを立てます。
その原形は、室町時代の武家での婚儀にまでさかのぼり、「合杯の礼」のみを行う厳格な儀式と、その3日後の「親族固めの杯」を交わす賑やかな儀式の、2つの儀式から成る構成でした。前者では、参列者は新郎・新婦の当人たちと仲人や関係者のみに限られ、新婦は白無地の着物を着付けます。
後者では一転して、新婦は艶やかな色打掛に身を包み、床の間がある自宅の座敷で式が一般的でした。
床の間には伊邪那岐・伊邪那美の二神や天照大御神・大国主の御神名を記した掛け軸をかけ、酒などをお供えする形式が神社婚の原形だと言われています。
この形の婚儀は、公家や大名から一般の人々にまで浸透し、明治時代になるまで続きました。
その後、1900年に当時の皇太子であった大正天皇がご成婚なされ、天照大御神をまつる神前にて婚儀が執り行われた事をきっかけに、現在の神社で行う神社婚が広まり浸透していきました。
そのため、神社婚の歴史自体は、ここ100年程の出来事になります。

神社結婚式の最新情報をもっと

岡山での神社結婚式

刀剣ちゃんとの結婚式、初めての共同作業はケーキ入刀ではなく、審神者と刀による巻き藁両断になりそうだし、成功したとき他の刀剣ちゃんから「主おめでとう!たくさん練習した甲斐あったね!」って聞いた嫁刀剣ちゃんが密かに自分以外の刀で??ってひっそりヤキモチ焼いてほしい

🎠🌩️👢👁️‍🗨️:突如開け放たれたドアに会場が騒然とする中、堂々と歩いて花婿をさっと押し退け🌸のベールを取る。🌸には迎えに来たとだけ告げる。 👻🔮:🌸が重苦しい気持ちで顔をあげたところにバッチリ目が合う。驚いた🌸を見て悪戯が成功したかのような顔で微笑んで、幸せな結婚式が始まる。

あれだけ妬んで羨んでいた🌻が生涯の友達になって、メンヘラ思考多少克服して減量成功して💍の結婚式に着たいと思ったドレス着て式に参列して、婚活して好みの顔と性格の男と結婚して妊娠してもうすぐ子供産むよ!

世間のシンママさん尊敬するけど、 たぶん私には無理だったと思う。 結婚式絶対成功させる!楽しみ!👰🤵💗 でもそろそろ子どもできたらいいなぁ…👶 ってときに 旦那のメンタル不調で、拒絶されて話し合いもまともにできないまま離婚してくださいって頼まれたからね…あのまま母にならず良かった。

-->